リュシアン クートー(英語表記)Lucien Coutaud

20世紀西洋人名事典「リュシアン クートー」の解説

リュシアン クートー
Lucien Coutaud


1904.12.13 - 1977.6.21
フランスの画家。
パリ美術学校版画科主任教授。
ガール県メーヌ(フランス)生まれ。
ニームの美術学校、パリの美術工芸学校に学び、1926年アトリエ座の舞台装置と衣装を担当し、作品を発表しはじめる。その後イタリアに遊学。帰国後、’41年からサロン・ドートンヌ、サロン・デ・チュイルリーに出品。’45年サロン・ド・メの創立に参画し、以来常任委員をつとめた。’64年パリ美術学校版画科主任教授となる。シュルレリスム風の作風で、とげのはえたような独特の形象の人体が現代の荒野を歩む主題を多く描き、油彩や版画のほか、挿絵壁画タピストリー、建築装飾などでも活躍。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android