リュシアン クートー(英語表記)Lucien Coutaud

20世紀西洋人名事典の解説

リュシアン クートー
Lucien Coutaud


1904.12.13 - 1977.6.21
フランスの画家。
パリ美術学校版画科主任教授。
ガール県メーヌ(フランス)生まれ。
ニームの美術学校、パリの美術工芸学校に学び、1926年アトリエ座の舞台装置と衣装を担当し、作品を発表しはじめる。その後イタリアに遊学。帰国後、’41年からサロン・ドートンヌ、サロン・デ・チュイルリーに出品。’45年サロン・ド・メの創立に参画し、以来常任委員をつとめた。’64年パリ美術学校版画科主任教授となる。シュルレリスム風の作風で、とげのはえたような独特の形象の人体が現代の荒野を歩む主題を多く描き、油彩や版画のほか、挿絵、壁画、タピストリー、建築装飾などでも活躍。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

リュシアン クートー

生年月日:1904年12月13日
フランスのシュールレアリスムの代表的画家
1977年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android