リンガラ(英語表記)lingala

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アフロ・ポップの一つ。西アフリカ欧米経由で入ってきたキューバ音楽と,コンゴ大衆音楽が結びついてできた音楽。歌詞はコンゴの共通語であるリンガラが使われており,アフリカの都市部に住む若者主人公とした内容のものとなっている。複雑なリズムエレクトリックギターアンサンブルがからみ,おもにダンス音楽として演奏される。欧米では,コンゴ・ジャズ,ザイーレアン・ミュージックなどと呼ばれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

コンゴ民主共和国(ザイール)のキンシャサで発達したポピュラー音楽。ルンバ,コンゴ・ジャズ,ザイーレアン・ミュージック,スークースとも。欧米からの移住者のもたらしたキューバ音楽と現地の音楽が融合した,エレキ・ギターを中心とする音楽。リンガラ語で歌われる。1970年代後半にはロックディスコの影響を強く受け,現在は1974年に生まれたカバッシャという踊りを基本に伝統的音楽要素を再導入し,若者の心情を直截に歌ったダンスものが主流。演奏家には,フランコとOKジャズ・バンド,タブー・レイとアフリカ・アンテルナショナル楽団,ザイコ・ランガ・ランガ,パパ・ウェンバとビバ・ラ・ムジーカ,カンダ・ボンゴ・マンらがいる。
→関連項目ベンガ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android