コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルウィ語 ルウィご Luwian language

2件 の用語解説(ルウィ語の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ルウィ語
ルウィご
Luwian language

前 15世紀前後に小アジア南部で話されていた言語で,いわゆるアナトリア諸語の一つ。インド=ヨーロッパ語族に属する楔形文字の文書から知られる。時代の下がるヒッタイト象形文字の碑文も,ルウィ語の一方言らしく,さらにリュキア語も近い関係にあると思われる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ルウィご【ルウィ語 Luwian】

ルビア語ともいう。ボアズキョイ出土のヒッタイト粘土板文書に出てくる言語で,その名称はヒッタイト語の副詞luili(〈ルウィ語では〉の意)に基づく。ルウィ語は,ヒッタイト語,パラ語などと同様にインドヨーロッパ語族のアナトリア諸語の一つに数えられるが,その詳細はまだ不明な点が多い。名詞の格は4格(主格,対格,与格,奪格-助格)が確認されており,性はヒッタイト語と同じく両性と中性がある。両性の複数形は,接尾辞‐nz‐を伴う。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ルウィ語の関連キーワードヒッタイトボガズキョイ小豆飯ボアズカレボアズキョイあずきの日セルビア・クロアチア語ヒッタイト文字ボアズキョイ文書ルビア語

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone