コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルチア

4件 の用語解説(ルチアの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

ルチア

イタリアの作曲家ガエターノ・ドニゼッティオペラ『ランメルモールルチア』の別名。原題《Lucia di Lammermoor》

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ルチア【Lucia[イタリア]】

4世紀初め,ディオクレティアヌス帝の迫害で殉教したシチリア島シラクサの聖女。ラテン語読みではルキア。伝説によれば,アガタの墓に詣で母の病気回復を願ったところ,すぐにいやされた。神に感謝して財産を貧者に施したため,婚約者に密告され,捕らえられた。連行される際,大勢の兵士や牛に引かれたが動かず,火刑にも無事であったため,剣で首を切られた。また,彼女のひとみの美しさのとりこになり苦しむ青年があると聞き,自分の目をくりぬいて届けさせたとの伝説もある。

ルチア【Lucia】

ドニゼッティの代表的オペラ。正式名《ランメルモールのルチアLucia di Lammermoor》。1835年の春から夏にかけて作曲され,同年9月にナポリのサン・カルロ劇場で初演された。3幕7場。台本はW.スコットの小説《ラマームーアの花嫁》(1819)をS.カンマラーノが脚本化したもの。 ランメルモールの領主エンリコは,妹ルチアを政略的に高官アルトゥーロのもとへ嫁がせようとする。だがルチアは,兄の仇敵エドガルドと愛し合っている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ルチア
るちあ

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ルチアの関連キーワードディオクレチアヌス宮殿コプト暦ドナトゥス派ディオクレティアヌス紀元ディオクレティアヌス帝顕彰柱ディオクレティアヌス帝の宮殿ディオクレティアヌスの浴場ディオクレティアヌス窓ディオクレティアヌス暦スプリットの史跡群とディオクレティアヌス宮殿

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ルチアの関連情報