ルッジェーロ(2世)(読み)るっじぇーろ(英語表記)Ruggero Ⅱ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ルッジェーロ(2世)
るっじぇーろ
Ruggero
(1095―1154)

初代のシチリア王(在位1130~54)。フランス名はロジェール2世Roger 。ノルマン出身のシチリア伯ルッジェーロ1世(?―1101)の子。シチリア、イタリア半島南部、北アフリカにまたがる国家の建設を熱望し、1127年以降、半島南部の征服に着手、30年にシチリア王に即位した。ノルマンの勢力拡大に脅威を感じた教皇、ビザンティン皇帝、ベネチア、ピサなどと争い、さらにトリポリなど北アフリカへの軍事行動を展開した。またコルフ島を占領し、ビザンティン帝国の南イタリア支配を断念させた。学問、芸術の保護者としても知られ、パレルモをビザンティン、イスラム、ノルマンの文化的伝統が共存する首都とした。[清水廣一郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

天泣

上空に雲がないにもかかわらず,雨が降る現象。風上にある雲からの雨であったり,雨が降ってくる間に雲が移動したり消えたりする場合などに起こる。天気雨,狐の嫁入りともいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android