コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルーツィ ルーツィ Luzi, Mario

3件 の用語解説(ルーツィの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ルーツィ
ルーツィ
Luzi, Mario

[生]1914. フィレンツェ近郊カステッロ
[没]2005.2.28. フィレンツェ
イタリアの詩人,文芸評論家,翻訳家。エルメティズモのあと,象徴主義を経て,現代の不安を詩のうちにとらえようとした。 1936年にフィレンツェ大学で博士号を取得し,その後各地でフランス文学を教えた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ルーツィ【Mario Luzi】

1914~2005) イタリアの詩人。韜晦とうかい的で象徴性の高い純粋詩により、超現実的な幻想を華麗に詠む。詩集「夜の到来」「ゴシック-ノート」「小舟」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ルーツィ
るーつぃ
Mario Luzi
(1914―2005)

イタリアの詩人、批評家。カンパーナの詩に強い影響を受け、カトリック系文芸誌『フロンテスピーツィオ』によって詩作を発表。時間と永遠、人間と宇宙の対立などを主題に次々に詩集を刊行。のちにそれらは『人生の正義』(1960)にまとめられた。初期には表現が閉鎖的で難解であったが、しだいに対話体などを取り入れて平明になった。ほかに『不可視の根源に立って』(1965)、『論争の火に焼かれて』(1978)などの詩集、『マラルメ研究』(1959)などの評論も多い。2004年イタリア上院の終身議員となった。[川名公平]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ルーツィの関連キーワードフィエーゾレフィレンツェ歌劇場管弦楽団フィレンツェ五月音楽祭管弦楽団フィレンツェの思い出フィレンツェマラソンフィレンツェ五月音楽祭カステルヌーヴォ=テデスコベスパジアーノ・ダ・ビスティッチフィレンツェ・モザイクフィレンツェ風

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ルーツィの関連情報