コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルートセールス るーとせーるす

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ルートセールス

一定の地域で一定の順路を定め、定期的に得意先を訪問し販売活動を行なうこと。定時巡回販売ともいう。最近は、コンピューター系企業において、商品単体ではなく、複数の商品を組み合わせて提案していくソリューション営業や、フランチャイズビジネスにおいて、フランチャイズ加盟店をバックアップしていくオペレーション営業の導入が相次いでいる。ルートセールスには、地道な努力の積み重ねによる顧客との信頼を構築し、自社への理解を深めてもらうことが不可欠。タイミングよく商談を持ちかけられるかというビジネスセンスも求められる。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

ルートセールス【route sales】

すでに取引のある顧客を定期的に訪問する営業活動。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ルートセールス
route sales

巡回直接販売ともいう。メーカーが一定地域内にある小売店に対して直接商品を販売するにあたり,あらかじめ各小売店を合理的に巡回するための道順 (ルート) を設定しておき,それに沿って定期的に行う方法。単に商品の販売だけでなく代金や容器の回収をはじめ,各小売店に対し販売指導や販売援助を行うことが要請されている。コカ・コーラはその典型的な例で,メーカーと小売店とを直結させようとするこの販売方法は,流通革命のにない手の一つとして各業界にも影響を与えている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ルートセールスの関連キーワードルート・セールス巡回直接販売伊藤園[株]伊藤園取引

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ルートセールスの関連情報