コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レオ5世 レオごせい Leo V Armeniacus

2件 の用語解説(レオ5世の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レオ5世
レオごせい
Leo V Armeniacus

[生]? アルメニア
[没]820.12.24. コンスタンチノープル
ビザンチン皇帝 (在位 813~820) 。一兵卒からミカエル1世に認められテマ・アナトリコンの長官となる。 813年6月ミカエル1世はベルシニキアの戦いで戦線を放棄,その敗戦のため起きた暴動により退位したため,同年7月代って登位。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

レオ5世
レオごせい
Leo V

[生]?. プリアピ?
[没]903.9.
プリアピ出身とされる第118代教皇(在位 903.8.~9.)。教皇ベネディクツス4世(在位 900~903)の後継者として,司祭を務めていたときに選出された。教皇の歴史上,最も混迷を深めた時代にその任務を引き受けた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

レオ5世の関連キーワードアルメニア人アルメニア文学階乗エルメニアアルメニア・フィルハーモニー管弦楽団くるめアルメニア人大量殺害Eustathios(アルメニアの)アルメニア文字小アルメニア

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone