コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レオ5世 レオごせいLeo V Armeniacus

2件 の用語解説(レオ5世の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レオ5世
レオごせい
Leo V Armeniacus

[生]? アルメニア
[没]820.12.24. コンスタンチノープル
ビザンチン皇帝 (在位 813~820) 。一兵卒からミカエル1世に認められテマ・アナトリコンの長官となる。 813年6月ミカエル1世はベルシニキアの戦いで戦線を放棄,その敗戦のため起きた暴動により退位したため,同年7月代って登位。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

レオ5世
レオごせい
Leo V

[生]?. プリアピ?
[没]903.9.
プリアピ出身とされる第118代教皇(在位 903.8.~9.)。教皇ベネディクツス4世(在位 900~903)の後継者として,司祭を務めていたときに選出された。教皇の歴史上,最も混迷を深めた時代にその任務を引き受けた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

レオ5世の関連キーワードトヨグライド(2速半自動AT)憲宗教育権親権オリンピック招致天文館シネマ建設計画消費税の不正還付空き家対策特別措置法不登校新聞飯梨川

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone