コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レノン レノンLennon, John Winston

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レノン
Lennon, John Winston

[生]1940.10.9. リバプール
[没]1980.12.8. ニューヨーク
イギリスのポピュラー音楽家。幼少より母ジュリアの姉ミミのもとで育てられる。 1952年,6年制の進学校クォリーバンク中学に入学。おりからのスキッフルブームに乗り,ミミから贈られたギターでバンド活動を始める。 57年,共通の友人を通して P.マッカートニーと出会う。クォリーメン,ジョニー・アンド・ザ・ムーンドッグズ,シルバービートルズを経て,60年ビートルズを結成。マッカートニーとのコンビで数々のヒット曲を生む。 66年 11月,ロンドンの画廊で前衛芸術家オノ・ヨーコを知る。 68年,妻シンシアと離婚,翌年ヨーコと結婚。同年,モントリオールホテルにおける「ベッド・イン」パフォーマンスで世界平和を呼びかけ,様々な論議を呼ぶ。 76年アメリカの永住権を獲得。 80年,自宅のあるダコタハウス前で狂信的なファンに射殺される。『ダブルファンタジー』 Double Fantasy (1980) が生前最後のアルバムとなった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

レノン【John Lennon】

1940‐80
イギリスポピュラー音楽家。リバプールに生まれ,美術学校に学ぶ。ビートルズの中心的メンバーとして活躍する一方,画才にも恵まれ,ノンセンス文学の佳品たる挿絵入り短編集2冊(《In His Own Write》1964,《A Spaniard in the Works》1965)を残している。1966年に知り合った小野洋子と69年に再婚,同年アムステルダムのホテルで平和運動として7日間の〈ベッドイン〉を行うなど,多くの話題をまき,20世紀後半のサブカルチャーの英雄の観があったが,80年ニューヨークで凶弾にたおれた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

レノン【John Lennon】

1940~1980) イギリスのポピュラー歌手。1962年にビートルズを結成。70年、ソロ活動を開始。音楽活動を中心に平和運動を展開するなど、世界中に多くのメッセージを送り続けた。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

レノン
れのん
John Lennon
(1940―1980)

イギリスのロック歌手、ギター奏者、作曲家。リバプール生まれ。港湾都市であるリバプールには新しいものを好む気風があり、彼はリズムアンドブルースに興味をもち、地元のクォリー・バンク高校時代に友人たちとクォリーメンThe Quarry Menを結成。やがてポール・マッカートニーPaul McCartney(1942― )、ジョージハリソンGeorge Harrison(1943―2001)らが加入する。いくつかのグループ名を経て、1960年にビートルズと称する。62年にレノン、マッカートニー、ハリソン、リンゴ・スターRingo Starr(1940― )の4人組となり、同年秋にデビューシングル『ラブ・ミー・ドゥ』を発売し、初のヒットとなる。64年、アメリカで『抱きしめたい』などが大ヒットして、世界的なビートルズ・ブームが始まる。
 ジョンは1962年にシンシア・パウエルと結婚したが(翌年息子ジュリアン誕生)、66年に前衛芸術家のヨーコ・オノ(小野洋子、1933― )と出会い、68年シンシアと離婚後、翌69年に洋子と再婚した。夫妻はベトナム反戦運動に共鳴し平和キャンペーンを始める。70年ビートルズ解散。夫妻は71年ニューヨークに移住。そこでジョンは愛と平和を訴える歌曲を次々と書いた。71年のヒット『イマジン』はその代表作である。75年、自身の音楽的原点に立ち戻ったアルバム『ロックン・ロール』の発表を最後に活動を休止する。新しい目標を求めてのことであろう。80年に意欲と活力に満ちて活動再開。だが『スターティング・オーバー』がヒットするなかの80年12月8日、錯乱したファンに射殺される。リアルな詞と美しいメロディを好んだジョンの音楽は、いまなお多くの人々に愛され続けている。日本では2000年(平成12)、ジョンの誕生日である10月9日に世界初の「ジョン・レノン・ミュージアム」(埼玉県さいたま市中央区)が開館した。[青木 啓]
『ジェフリー・ジュリアーノ、ブレンダ・ジュリアーノ編著、島田陽子訳、広田寛治監修『ロスト・レノン・インタビュー』全2巻(1997・プロデュース・センター出版局) ▽マイケル・ホワイト著、乾侑美子訳『ジョン・レノン』(1999・偕成社) ▽ジョン・レノン、オノ・ヨーコ、ヤーン・ウェナー著、片岡義男訳『レノン・リメンバーズ』(2001・草思社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

レノンの関連キーワード新体制運動ウォルシュベビン杉原千畝喜劇映画中南米映画日中戦争北欧映画国民服トレベリアン

今日のキーワード

闇ポテチ

2017年に起こったジャガイモ不足を発端に、非正規のルートで流通したポテトチップスのこと。16年の台風被害などで原料となる北海道産ジャガイモの収穫量が減少したことを受け、17年3月に株式会社湖池屋が、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

レノンの関連情報