レンスター(英語表記)Leinster; Laigin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レンスター
Leinster; Laigin

アイルランド南東部の地方名。古代名ライン。本来中世初期のアイルランドの5部族王国の一つに起源する。またそれに由来する中世アイルランドの5州の一つ。島の南東部を占め,5世紀以来,北部の大勢力ウィ・ニール (5世紀の宗主権者ニーアルの子孫の諸王) としばしば戦った。 12世紀にイングランドヘンリー2世の侵入を受けたのち,15世紀まで事実上キルディア伯の支配下にあり,1537年イングランド王ヘンリー8世が同伯を討伐してのちは,半独立的地位を失って,イングランドの支配下に入った。現在はウィックロー,ウェクスフォード,ウェストミーズ,オファリー,カーロー,キルケニー,キルディア,ダブリン,ミーズ,ラウズ,レーイシュ,ロングフォードの 12県から成る。面積1万 9794km2。人口約 185万 (1986) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

レンスター【Leinster】

アイルランド島を四分する地方の一つで,同島の南東部を占める。面積1万9627km2,人口179万0521(1981)。行政的にはアイルランド共和国の12県からなる。首都ダブリンと肥沃な中央平野を,この地方の西境をなすシャノン川に至るまで包摂しており,アイルランド共和国の文化,政治はもとより工業および農業の中心をもなしている。12世紀のアイルランドでは各地方の諸王間の抗争が絶えず,当時のレンスター王マクマロー(1110‐71)は失地回復のためイギリス王ヘンリー2世に援助を請うた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

レンスター
れんすたー
Leinster

アイルランド共和国南東部の地域。面積1万9633平方キロメートル、人口210万5449(2002国勢調査速報値)。ラウス、ロングフォード、ミーズ、ウェストミーズ、ダブリン、キルデア、オファリー、ウィックロー、レーシュ、カーロー、キルケニー、ウェックスフォードの12県からなる。古代アイルランド五王国の一つで、5世紀ごろまではミード(ミーズ)王国の支配下にあったが、15、16世紀ごろまでにしだいに独立を果たした。以後共和国独立までイギリスの支配を受けた。現共和国の中心地域。[米田 巌]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

レンスターの関連情報