コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レンズ状銀河 レンズじょうぎんが lenticular galaxy

3件 の用語解説(レンズ状銀河の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レンズ状銀河
レンズじょうぎんが
lenticular galaxy

銀河の一種。エドウィンハッブルによる銀河の形態分類では楕円銀河渦状銀河の中間に位置し,S0型銀河とも呼ばれる。全体の形は渦状銀河のように円盤状をしており,種族IIの恒星からなり,ダークマターハローダークハロー)に囲まれている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

レンズじょう‐ぎんが〔‐ジヤウ‐〕【レンズ状銀河】

形による銀河の分類の一。中心の明るい球状部と薄い円盤からなり、凸レンズに似る。渦巻銀河のような渦状の構造は見られない。星間物質はほとんどなく、年齢の古い種族Ⅱの星が多いが、楕円銀河とは輝度分布が大きく異なる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

レンズ状銀河
れんずじょうぎんが
lenticular galaxy

銀河の形態分類上、楕円(だえん)銀河と渦状(かじょう)銀河の中間に位置している。S0銀河ともいう。渦状銀河と同様、中心の明るい球状部(バルジ)と周辺の円盤部(ディスク)とから成り立っているが、円盤部には渦状銀河にみられるような渦状腕は存在しない。楕円銀河と同様、ガスや暗黒星雲は少なく、年齢の古い星のみからできている。普通の渦状銀河が銀河間空間を運動するうちにそのガスがはぎ取られてしまったとする成因説が有力である。[若松謙一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

レンズ状銀河の関連キーワードハッブル・ディープ・フィールドハッブル・ウルトラ・ディープ・フィールドハッブル距離ハッブル時間ハッブル定数ハッブル半径ハッブルフローハッブル流銀河のハッブル分類ハッブル効果

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone