レンダリング(読み)れんだりんぐ

  • rendering

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

形成した立体物に色や陰影を付けること。物体を見る視点を仮定して遠近感を出す処理や、光源の位置を仮定してを付けるシェーディング表面質感を定めるテクスチャマッピングなどを行う。計算量が膨大になるため、高性能なCPUと十分な量のメモリーが必要となる。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

パソコンで困ったときに開く本の解説

基本ソフトやアプリケーション・ソフトが、画面に表示すべき内容を、与えられたデータから計算しながら描き出すことです。ウェブブラウザが受信したHTMLのデータに基づいてページを表示すること、ゲームソフトが立体的で美しい景色を描き出すことなどがレンダリングの具体例です。
⇨ウェブサーバー

出典 (株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本パソコンで困ったときに開く本について 情報

デジタル大辞泉の解説

コンピューターグラフィックスで、物体の見え方を計算しながらその画像を作成していくこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

完成予想図のこと。デザインや建築においてクライアントスポンサー,そしてスタッフの相互理解のために欠かせないもの。事物そのものの完成予想図はもちろん,使用のされ方,設置されるであろう環境などもともに描かれる場合もあり,模型実物大の立体物と同時に提示されることもある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

情報やデジタルデータを、コンピュータプログラムの演算によって可視化、つまりディスプレーに表示させることにより、その内容を把握できるようにすること。「表現」「演出」などの意味をもつ英語で、日本ではおもにコンピュータ用語として使われる。狭義では三次元コンピュータ・グラフィクス(3DCG)のデータを生成して可視化することをさす。

 レンダリングを行うソフトウェアやシステムは、レンダラーまたはレンダリングエンジンとよばれ、元のデータや生成物の種類により、さまざまなものがある。たとえば、ウェブブラウザにおいてHTMLデータを読み取り、演算処理して画面に表示することや、ゲームソフトのデータを読み込み、映像を生成することなどもレンダリングである。表示するものには、動画、静止画、図形、テキストなどがあるが、音声の生成が含まれることもある。

[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

レンダリングの関連情報