コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レーニン廟 レーニンビョウ

デジタル大辞泉の解説

レーニン‐びょう〔‐ベウ〕【レーニン廟】

Mavzolei LeninaМавзолеи Ленина》ロシア連邦の首都モスクワの中心部、赤の広場にある革命家ウラジミル=レーニン霊廟レーニンが死去した1924年に木造の遺体安置所が設置され、1930年に現在見られる赤い花崗岩(かこうがん)を用いた石造のが造られた。旧ソ連時代には、赤の広場で毎年催されたメーデーと革命記念日のパレードの際、書記長をはじめとする共産党指導者や政府首脳が廟の上に立って観覧し、演説を行ったことで知られる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界の観光地名がわかる事典の解説

レーニンびょう【レーニン廟】

ロシアの首都モスクワにある建造物。赤の広場にあり、建築家アレクセイ・シューセフの設計で1930年に完成した。建設にあたっては、ジェセル王の階段ピラミッドや大キュロスの墓のような古代の霊廟の構造を参考にしている。そしてウラジミール・レーニンの遺体は、「エンバーミング」という技術で保存されている。1953年に他界したヨシフ・スターリンの遺体は、レーニンと枕を並べていたが、1961年に権威失墜した。

出典|講談社世界の観光地名がわかる事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

レーニン廟
れーにんびょう
Мавзолеи Ленина Mavzolei Lenina

ロシアの首都モスクワの中心部、赤の広場に面するクレムリンの壁の前にある革命家レーニンの墓地。レーニン死亡の1924年に仮の廟がつくられ、29年に暗赤色の岩石で建て替えられた。ソ連時代、レーニン廟に詣(もう)でる人々の長蛇の列は赤の広場の名物であった。また5月1日のメーデー、11月7日の革命記念日に赤の広場でパレードが行われ、当時のソ連の指導者たちがこの廟の上に立ち、行進するパレード参加者に挨拶(あいさつ)を送ることでも有名であった。ソ連解体後の社会変化と資料公開に伴って、レーニンの評価そのものが変化し、遺体の維持管理費用や国民的広場における墓の存在などが問題視されるようになった。この廟の継続に賛成する意見もあるが、遺体をサンクト・ペテルブルグのレーニン家の墓に移すべきとの意見も強い。1997年6月に大統領だったエリツィンはその移転を提案したが、2001年現在、実施されていない。なお、この墓地のある赤の広場はクレムリンとともに1990年に世界遺産の文化遺産として登録されている(世界文化遺産)。[小俣利男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

レーニン廟の関連キーワードモスクワのクレムリンと赤の広場スターリン批判ベッヒャー

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

レーニン廟の関連情報