コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロケット発射場 ロケットはっしゃじょう

1件 の用語解説(ロケット発射場の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ロケットはっしゃじょう【ロケット発射場】

ロケット射場ともいう。ロケットを打ち上げるための施設を含む区域。
[発射場の条件]
 ロケット発射場に関する自然,地理的および人為的条件として以下のものがある。(1)緯度 一般的には低緯度,とくに赤道直下望ましい。赤道直下から真東に発射されたロケットは地球の自転遠心力をもっとも効率よく利用できる。地球表面での仮想的人工衛星速度7.905km/s(第一宇宙速度)に対し,赤道直下で真東に発射する場合,地球自転周速度の分(0.464km/s)だけロケットの燃料を節約できるのは大きな利点である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ロケット発射場の関連キーワードロケットアリアンロケットM‐VロケットH2Bロケット宇宙ロケットロケット弾H-ⅡAロケットH-ⅡBロケットH-ⅡロケットH2Aロケット

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ロケット発射場の関連情報