ロリス・メリコフ(英語表記)Mikhail Tarielovich Loris‐Melikov

世界大百科事典 第2版の解説

ロリス・メリコフ【Mikhail Tarielovich Loris‐Melikov】

1825‐88
ロシアの軍人,政治家。アルメニアの貴族の家に生まれ,将軍として露土戦争(1877‐78)で勲功を立て,伯爵位を与えられた。ナロードニキの闘争による政治的危機の中で1880年に独裁者に等しい最高指揮委員会長官に任ぜられた。同年内相職に移り,自由主義的改革を推進して危機を乗り切ろうとしたが,皇帝アレクサンドル2世の暗殺を防げず,認可を得ていた改革案を白紙に戻され,81年4月辞職した。【和田 春樹

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる