ロン・ノル(英語表記)Lon Nol

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロン・ノル
Lon Nol

[生]1913.11.13. ブレイベン
[没]1985.11.17. カリフォルニア,フラートン
カンボジアの軍人,政治家。軍人の子として生れ,1947年バッタンバン州知事,軍参謀総長,国防相などを経て,63年副首相。 66~67年首相。 68年ペン・ヌート内閣の副首相兼国防相。 69年8月再び首相兼国防相となり,軍を背景に右派の重鎮となった。 70年3月元首 N.シアヌークのソ連訪問中にクーデターを起し,同 10月共和政移行を宣言。 72年3月大統領の地位についた。 73年4月最高政治評議会議長を,74年3月同評議会解散後は執行評議会議長を兼任。 75年4月1日アメリカの支持を失って陥落寸前のプノンペンを脱出,ハワイに亡命。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ロン・ノル

カンボジアの政治家。1970年に国家元首シアヌーク追放のクーデタを指揮しクメール共和国を樹立,1972年大統領に就任した。1955年以降シアヌーク政権の下で国防相などを歴任し,カンボジア王国軍を掌握しながら不正蓄財やシアヌークの政敵との連携を進め,米国の後押しを受けクーデタを挙行。カンボジア内の南ベトナム解放民族戦線を攻撃し,ベトナム人を虐殺した。これがカンボジア内戦の引き金となり,隣国でのベトナム戦争とからんで国政は混乱し国土は消耗した。1973年にパリ和平協定が結ばれたが戦闘は続き,1975年に北ベトナム正規軍が支援するクメール・ルージュが大攻勢をかけ,4月にプノンペンが陥落,ロン・ノルは逃亡しクメール共和国は滅亡した。
→関連項目カンボジアポル・ポト

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

20世紀西洋人名事典の解説

ロン・ノル
Lon Nol


1913.11.13 - 1985.11.17
カンボジアの政治家。
元・カンボジア大統領。
プレイベン州生まれ。
1951年国家警察長官、’55年国王軍参謀総長、’66年、’69年各首相を歴任。’70年シアヌーク追放クーデタを起こし’72年初代大統領就任。’75年国外脱出。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ロン・ノルの関連情報