コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ローソン条件 ローソンじょうけんLawson criterion

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ローソン条件
ローソンじょうけん
Lawson criterion

核融合炉が成り立つための最も重要な条件で,核融合反応で発生するエネルギーが,電気エネルギーへの変換効率やプラズマの加熱効率を考えたうえで,これらのエネルギー損失を上回り,収支がゼロより大きくなる条件をいう。核融合反応が起こるためには,炉心プラズマは高温でなければならず,時間がたつと熱が逃げてしまう。また,電子とイオンの衝突による放射としても熱エネルギーはプラズマから失われていく。重水素,三重水素による核融合炉の場合,炉心プラズマの数密度と閉じ込め時間 (単位は秒) の積が 1020 以上であることが要求される。数密度とは単位は 1m3あたりのプラズマ粒子の個数である。 1957年に J.D.ローソンにより提唱された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ローソン‐じょうけん〔‐デウケン〕【ローソン条件】

Lawson criterion重水素三重水素による核融合に必要なプラズマに対する三つの条件。1億度の超高温を、1立方センチメートルあたり100兆個の超高密度で、1秒間維持すること。→臨界プラズマ条件

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ローソン条件の関連キーワードレーザー核融合磁場閉じ込め慣性閉じ込め連鎖反応