コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ローハイム Géza Róheim

2件 の用語解説(ローハイムの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ローハイム【Géza Róheim】

1891‐1953
ハンガリー生れのアメリカの人類学者。1919年ブダペスト大学の人類学の初代教授となる。S.フロイトの文明分析に興味をもち,フェレンツィ教育分析を受け,精神分析の立場から人類学の研究を進めた。38年アメリカに亡命し,44年に帰化した。オーストラリアアボリジニー,アメリカ・インディアンなどの調査を通して,精神分析理論を検証し,文化とパーソナリティ精神病理現象と未開文化の関連性,風俗や信仰の背後の無意識的動機などを研究した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ローハイム
ろーはいむ
Gza Rheim
(1891―1953)

ハンガリー生まれの人類学者。ライプツィヒベルリン両大学で地理学、民族学を学んだのち、フェレンツィ、コバツVilma Kovcs(1883―1940)に分析心理学を学び、1919年にブダペスト大学の初代人類学教授となった。1928~1931年にソマリア、オーストラリア(アランダ)、メラネシア(ノーマンビー)、北アメリカ南西部(ユマ)を調査した。1938年にアメリカ合衆国に亡命し、1947年にはナバホ語使用者の社会を調査した。フロイト心理学の民族学的側面に注目し、精神分析と民族学の境界領域を研究した。内容的には第一次世界大戦前のイギリス人類学にやや近く、主著に『精神分析と人類学』(1950)がある。[佐々木明]
『小田晋・黒田信一郎訳『精神分析と人類学』上下(1980・思索社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ローハイムの関連キーワードシゲティハンガリー語ヘラーマンハイムライナーオーストリアハンガリー帝国ハンガリー狂詩曲ハンガリー幻想曲ハンガリー舞曲集ハンガリー岩

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone