ローハイム(英語表記)Géza Róheim

世界大百科事典 第2版の解説

ローハイム【Géza Róheim】

1891‐1953
ハンガリー生れのアメリカの人類学者。1919年ブダペスト大学の人類学の初代教授となる。S.フロイトの文明分析に興味をもち,フェレンツィの教育分析を受け,精神分析の立場から人類学の研究を進めた。38年アメリカに亡命し,44年に帰化した。オーストラリアのアボリジニー,アメリカ・インディアンなどの調査を通して,精神分析理論を検証し,文化とパーソナリティ,精神病理現象と未開文化の関連性,風俗や信仰の背後の無意識的動機などを研究した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ローハイム
ろーはいむ
Gza Rheim
(1891―1953)

ハンガリー生まれの人類学者。ライプツィヒ、ベルリン両大学で地理学、民族学を学んだのち、フェレンツィ、コバツVilma Kovcs(1883―1940)に分析心理学を学び、1919年にブダペスト大学の初代人類学教授となった。1928~1931年にソマリア、オーストラリア(アランダ)、メラネシア(ノーマンビー)、北アメリカ南西部(ユマ)を調査した。1938年にアメリカ合衆国に亡命し、1947年にはナバホ語使用者の社会を調査した。フロイト心理学の民族学的側面に注目し、精神分析と民族学の境界領域を研究した。内容的には第一次世界大戦前のイギリス人類学にやや近く、主著に『精神分析と人類学』(1950)がある。[佐々木明]
『小田晋・黒田信一郎訳『精神分析と人類学』上下(1980・思索社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

ローハイム

生年月日:1891年9月12日
アメリカの精神分析的文化人類学者
1953年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android