コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ローモンド湖 ローモンドコ

3件 の用語解説(ローモンド湖の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ローモンド‐こ【ローモンド湖】

Loch Lomond》英国スコットランド西部の湖。グラスゴーの北郊にあり、グレートブリテン島最大の面積をもつ。南北に長く、長さ39キロメートル、幅8キロメートルハイランド地方南西部の観光地の一つとして知られる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界の観光地名がわかる事典の解説

ローモンドこ【ローモンド湖】

イギリスのスコットランド南西部、グラスゴー(Glasgow)の北23kmのハイランド南部に位置する、長さ39km、幅8km、面積71km2の、山に囲まれた美しい淡水湖。面積はスコットランドの湖沼の中で最大である。湖上にはたくさんの小島があり、東岸には同国最大規模の淡水源となっている山・ベンローモンド(標高974m)がそびえ、西岸にはスコティッシュオープンなどの国際大会で知られるロッホローモンドゴルフクラブがある。また、水鳥が生息していて、ラムサール条約登録地となっている。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ローモンド湖
ろーもんどこ
Loch Lomond

イギリス、スコットランド西部、グラスゴーの北郊にある氷河湖。南北に長く、長さ39キロメートル、最大幅8キロメートル、面積71平方キロメートルで、グレート・ブリテン島最大の湖である。湖面標高6メートル、最大水深199メートル。ハイランド地方南西部の観光地で、古城の残る小島が点在し、民謡にも歌われている。[小池一之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ローモンド湖の関連キーワードエアグラスゴースコットランドヤードエコセーズグラスゴー大聖堂ダグラスファーリンリスゴースコットランド室内管弦楽団スコットランド風

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ローモンド湖の関連情報