コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ローリッツェン検電器 ローリッツェンけんでんき Lauritsen electroscope

1件 の用語解説(ローリッツェン検電器の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ローリッツェン検電器
ローリッツェンけんでんき
Lauritsen electroscope

放射線の被曝量を測定するのに用いられる検電器。金メッキをした細い石英糸 (約 3μm ) を,L字形の針金の一端に取付ける。最初全体を帯電させると,石英糸は斥力を得て針金から遠ざかる。これに放射線が入ってくると,電離によって生じたイオンが引寄せられ,電荷を中和するので石英糸のふれが減少する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ローリッツェン検電器の関連キーワードフィルムバッジ放射線被曝放射線許容量アラームメーター蛍光ガラス線量計公衆被曝ホールボディーカウンター被爆と被曝放射線業務従事者の被曝管理放射線モニター

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone