コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ローリッツェン検電器 ローリッツェンけんでんきLauritsen electroscope

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ローリッツェン検電器
ローリッツェンけんでんき
Lauritsen electroscope

放射線の被曝量を測定するのに用いられる検電器。金メッキをした細い石英糸 (約 3μm ) を,L字形の針金の一端に取付ける。最初全体を帯電させると,石英糸は斥力を得て針金から遠ざかる。これに放射線が入ってくると,電離によって生じたイオンが引寄せられ,電荷を中和するので石英糸のふれが減少する。ふれは顕微鏡で読取る。電気容量が小さい (約 0.2pF) ので感度が高い。X線発生装置,加速器原子炉の近くで働く人は携帯型を身につけて,受けた放射線量をはかる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ローリッツェン検電器の関連キーワード電離箱

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android