コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

検電器 けんでんきelectroscope

翻訳|electroscope

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

検電器
けんでんき
electroscope

物体の帯電有無とその正負の別を調べる電離箱の簡単な装置。箔検電器では2枚の金属箔の開きによって帯電の大小を知る。放射線による電離電流をはかるローリッツェン検電器は,箔の代りに金メッキした水晶糸を用いる。帯電現象に限らず,電圧電流の検出に用いる計測器を一般に検電器と呼び,高感度の電圧計,静電型電流計または受話器などがこれに属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

けんでん‐き【検電器】

微小な電圧電流の有無などを調べる高感度の装置。検流計・磁束計電位計・箔(はく)検電器など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

検電器【けんでんき】

物体の帯電の状態を調べる装置。2枚の薄い金属箔(はく)を金属棒の先に下げ,絶縁物で支持した箔検電器が広く使われる。頭部に帯電物を近づければ静電誘導により箔が同種の電気を帯び,反発力により開く。
→関連項目ボルタ

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

けんでんき【検電器 electroscope】

一般に微小電圧・電流および電荷の検出に用いられるものを検電器と呼び,検出器detectorと同義となる。直流検流計,微小電圧・電流を増幅するチョッパー形直流増幅器,電位計,交流増幅器などがこれに相当する。 狭義の検電器は電荷の有無,帯電状態,静電気の検出に用いられるものをいう。静電力を利用し電荷を指示する装置が用いられる。コンデンサーの両極にチャージされた電荷の静電引力を回転変位に直す象限電位計,金またはアルミニウムの薄い2枚の金属箔をつり下げ,帯電による反発力を利用する箔検電器などがある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

けんでんき【検電器】

屋内配線などの通電の有無を調べる簡単な計器。直列に高抵抗を通したネオン管の点灯の有無などでみる。
静電気の検出に用いる測定器。箔はく検電器など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

検電器
けんでんき

微小な電圧や電流の有無を検出する高感度の装置。用途や構造によっていろいろなものがあるが、直流検流計、交流検流計(振動検流計)、磁束計、電位計、受話器、箔(はく)検電器などがあげられる。
 平成年代に入るころから、電子回路を用いた増幅器で微小入力を変調・増幅し、その出力をじょうぶな計器で指示させ、全体として高感度にするとともに、微妙な操作や取扱いの煩わしさを少なくした検電器が広く用いられてきている。受話器は300~5000ヘルツの微小交流電流の検出に簡便な装置である。また箔検電器は、古くから静電気の電気量の有無、プラス・マイナスの極性判別などに用いられている簡便な電気量検出器である。
 電気回路が充電されているかどうかを簡単に検出する器具として電気工事士などが使う検電器は、高抵抗と小さなネオン管を直列にしたものを、ペンシルあるいはドライバーに組み込んだもので、先端の金属部分を回路の充電部分に当てると、かすかに発光するようになっている。[高尾利治]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

検電器の関連キーワードS.C. リンドディテクターネオンランプ金箔検電器金(元素)屋内配線ネオン管放射能ヘス計器直列通電

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android