コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロールバーグ ロールバーグ Rölvaag, Ole Edvart

2件 の用語解説(ロールバーグの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロールバーグ
ロールバーグ
Rölvaag, Ole Edvart

[生]1876.4.22. ドンナ
[没]1931.11.5. ミネソタ,ノースフィールド
アメリカの小説家。ノルウェーに生れ 1896年アメリカに渡り,サウスダコタ州の農場でしばらく働いたのち,ミネソタ州のセントオラフ大学に学び,1905年卒業。次いで1年間オスロ大学大学院で学んだのち,07年から母校のノルウェー語の教授をするかたわら,創作活動に従事。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ロールバーグ
ろーるばーぐ
Ole Edvart Rlvaag
(1876―1931)

ノルウェー生まれのアメリカの小説家。セント・オラフ大学教授。1896年アメリカに移住。苦学ののちノルウェー語で作品を書き始め、北西部辺境におけるノルウェー移民の姿を叙事詩的に描く壮大な三部作、『地中の巨人たち』(1924~25、英訳1927)、『ペーダー・ビクトリアス』(同1929)、『彼らの父たちの神』(同1931)を完成した。初期には自伝小説『アメリカからの手紙』(1912)があるが、とくに三部作は、アメリカの厳しい自然との戦いをリアリスティックに描き、かつ独特な神秘的雰囲気を醸し出している。[大橋健三郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ロールバーグの関連キーワードプリマドンナマドンナドンナおどんな日本一どんなもん大媛まどんなかお かお どんなかお今日はどんな日?どんどん どんどん丼汁

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone