コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロールバーグ Rölvaag, Ole Edvart

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロールバーグ
Rölvaag, Ole Edvart

[生]1876.4.22. ドンナ島
[没]1931.11.5. ミネソタ,ノースフィールド
アメリカの小説家。ノルウェーに生れ 1896年アメリカに渡り,サウスダコタ州の農場でしばらく働いたのち,ミネソタ州のセントオラフ大学に学び,1905年卒業。次いで1年間オスロ大学の大学院で学んだのち,07年から母校のノルウェー語の教授をするかたわら,創作活動に従事。 08年アメリカに帰化。小説はすべてノルウェー語で書かれたが,英訳された作品のおもなものに,北西部辺境のノルウェー移民を描いた3部作『大地の勇士』 Giants in the Earth (1927) ,『勝者ペーダー』 Peder Victorious (29) ,『父たちの神』 Their Fathers' God (31) のほか,『純金』 Pure Gold (30) ,『渇望の舟』 The Boat of Longing (33) などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ロールバーグ
ろーるばーぐ
Ole Edvart Rlvaag
(1876―1931)

ノルウェー生まれのアメリカの小説家。セント・オラフ大学教授。1896年アメリカに移住。苦学ののちノルウェー語で作品を書き始め、北西部辺境におけるノルウェー移民の姿を叙事詩的に描く壮大な三部作、『地中の巨人たち』(1924~25、英訳1927)、『ペーダー・ビクトリアス』(同1929)、『彼らの父たちの神』(同1931)を完成した。初期には自伝小説『アメリカからの手紙』(1912)があるが、とくに三部作は、アメリカの厳しい自然との戦いをリアリスティックに描き、かつ独特な神秘的雰囲気を醸し出している。[大橋健三郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ロールバーグの関連キーワード大橋健三郎

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android