コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワイツマン

百科事典マイペディアの解説

ワイツマン

シオニズム運動家,化学者。ワイズマン,バイツマンとも。ロシア生れ。ベルリン,フライブルクで化学を学び,渡英してマンチェスター大学で化学の講座をもち,またアセトンの大量生産法を考案。第1次大戦中からヘルツルに共鳴してシオニズム運動を指導した。イギリス高官に働きかけてバルフォア宣言を引き出すことに成功し,パレスティナにユダヤ人国家建設の基礎を確立した。イスラエル建国後初代大統領(1949年―1952年)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ワイツマン【Chaim Weizmann】

1874‐1952
シオニズム運動の指導者。ロシアに生まれ,ドイツで学び,のちイギリスのマンチェスターで化学者として活躍。とくに第1次大戦中,弾薬製造に不可欠の原料の生産に大きな功績をあげ,W.チャーチルらイギリスの有力な政治家たちの知己を得た。青年時代から〈シオンの友Chovevei Zion〉に属し,また政治的シオニズム運動の創始者ヘルツルの信奉者であったワイツマンは,イギリス政府高官に働きかけ,1917年バルフォア宣言を出させることに成功し,パレスティナでのユダヤ人国家建設の緒をつくった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android