コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワガノワ ワガノワ Vaganova, Agrippina

3件 の用語解説(ワガノワの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ワガノワ
ワガノワ
Vaganova, Agrippina

[生]1879.6.26. ロシア帝国サンクトペテルブルグ
[没]1951.11.5. ソビエト連邦レニングラード
ソビエト連邦の舞踊家。フルネーム Agrippina Yakovlevna Vaganova。1897年マリインスキー劇場バレエ団に入り,1917年引退する直前までバレリーナの称号を得られないままであった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ワガノワ

ロシアの女性舞踊家。ペテルブルグ生れ。1916年までマリインスキー劇場の舞台に立ち,1921年以降母校ペトログラード(のちレニングラード)舞踊学校の教師としてウラノワらの名バレリーナを育てた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ワガノワ【Agrippina Yakovlevna Vaganova】

1879‐1951
ソ連邦の女流舞踊家,舞踊教師。ペテルブルグに生まれた。1897年ペテルブルグ帝室劇場バレエ学校卒業後,1916年までマリインスキー劇場で踊り,21年母校の教師となり革命後の荒廃のなかからセミョーノワウラノワら第一級の踊り手たちを輩出させた。彼女の舞踊理論をまとめた《古典舞踊の基礎》(1934)は,唯一の教則本として世界各地で版を重ねた。31‐37年キーロフ劇場(旧マリインスキー劇場)バレエ団(レニングラード・バレエ団)芸術監督をつとめ,《白鳥の湖》《エスメラルダ》の新演出を手がけたが,彼女の本領は教育にあり,その教授法はいわゆるロシア派の芸風を支える根幹として今日ロシア各地の舞踊教育機関の共通の財産となっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ワガノワの関連キーワードカルサビナダニロワチェケッティペテルブルグペトログラードサンクトペテルブルグ要塞ペテルスブルクサンクトペテルブルグテレビタワーペテルブルグから来た男サンクト・ペテルブルグ大学

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ワガノワの関連情報