コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワジャク人 ワジャクじんWadjak man

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ワジャク人
ワジャクじん
Wadjak man

ジャワ島中部ワジャク盆地辺縁の堆積層で,1889年に発見された2個の人頭骨。翌年 E.デュボア同地を訪れて検討し,1921年その所見を発表した。頭骨はともに頑強で大きく,眼窩上隆起が発達し,顔は扁平で,鼻根部が陥没している。第1号頭骨は女性で,長さ 200mm,幅 145mm,耳高 122mm,容積 1550cm3。第2号頭骨は男性で,これより大きく容積 1650cm3とみられるが,保存状態が不良のため詳細は不確実。同時に発見された動物骨が現在とほとんど変らないため,更新世末期あるいは完新世初期の新人類に属すると考えられる。またオーストラリアで発見されたケイラー頭骨とともに,オーストラリア先住民の直接の祖先とする説もある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ワジャクじん【ワジャク人 Wadjak Man】

インドネシア,ジャワ島中部のトゥルンガグンに近いワジャク盆地で出土した化石人類。1889年B.D.ファン・リートショーテンにより第1号(成人女性のほぼ完全な頭蓋と下顎骨破片)が,翌年E.デュボアにより第2号(成人男性の破損した頭蓋とほぼ完全な下顎骨)が発見された。人工遺物はみられなかったが,伴出する動物化石からその年代は更新世後期をさかのぼることはないとされている。デュボアはこれをHomo wadjakensisと命名(1921)したが,G.ピンクレーはHomo sapiens wadjakensisと呼び(1936)新人に帰属させた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ワジャク人
わじゃくじん
Wadjak man

インドネシア出土の新人に属する化石人類。ジャワ島東部トゥルンガグン近くの、ワジャクの石灰岩断崖(だんがい)より1889、90年に男女それぞれ1個の頭骨などが発見された。第三紀更新世(洪積世)後期末または完新世(沖積世)初期とみられる。頭骨は大きく、長頭で眼窩(がんか)上隆起は発達し、鼻骨の突出は弱く、歯槽性突顎(しそうせいとつがく)は発達している。下顎骨は頑丈で、頤(おとがい)隆起が存する。新人としてはかなり原始的特徴をもつ。ジャワのソロ人と現在のオーストラロイドの中間的位置を占めるものと考えられている。[香原志勢]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ワジャク人の関連キーワード現生人類

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android