コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワジャク人 ワジャクじん Wadjak man

3件 の用語解説(ワジャク人の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ワジャク人
ワジャクじん
Wadjak man

ジャワ島中部ワジャク盆地辺縁の堆積層で,1889年に発見された2個の人頭骨。翌年 E.デュボアが同地を訪れて検討し,1921年その所見を発表した。頭骨はともに頑強で大きく,眼窩上隆起が発達し,顔は扁平で,鼻根部が陥没している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ワジャクじん【ワジャク人 Wadjak Man】

インドネシア,ジャワ島中部のトゥルンガグンに近いワジャク盆地で出土した化石人類。1889年B.D.ファンリートショーテンにより第1号(成人女性のほぼ完全な頭蓋と下顎骨破片)が,翌年E.デュボアにより第2号(成人男性の破損した頭蓋とほぼ完全な下顎骨)が発見された。人工遺物はみられなかったが,伴出する動物化石からその年代は更新世後期をさかのぼることはないとされている。デュボアはこれをHomo wadjakensisと命名(1921)したが,G.ピンクレーはHomo sapiens wadjakensisと呼び(1936)新人に帰属させた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ワジャク人
わじゃくじん
Wadjak man

インドネシア出土の新人に属する化石人類。ジャワ島東部トゥルンガグン近くの、ワジャクの石灰岩断崖(だんがい)より1889、90年に男女それぞれ1個の頭骨などが発見された。第三紀更新世(洪積世)後期末または完新世(沖積世)初期とみられる。頭骨は大きく、長頭で眼窩(がんか)上隆起は発達し、鼻骨の突出は弱く、歯槽性突顎(しそうせいとつがく)は発達している。下顎骨は頑丈で、頤(おとがい)隆起が存する。新人としてはかなり原始的特徴をもつ。ジャワのソロ人と現在のオーストラロイドの中間的位置を占めるものと考えられている。[香原志勢]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ワジャク人の関連キーワードインドネシア語派ソアワインガプジャガタラインドネシア海溝スリウェダリ公園バジャワバトゥトゥモガパラントゥリティスジャワ種 (Java)

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone