コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワッサーフ ワッサーフ Wassāf, Sharaf al-Dīn `Abd Allāh Shīrāzī

2件 の用語解説(ワッサーフの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ワッサーフ
ワッサーフ
Wassāf, Sharaf al-Dīn `Abd Allāh Shīrāzī

[生]1264. シーラーズ
[没]1334
イランの歴史家。生地で学業を修めたのち,徴税官としてイル・ハン国に仕えた。のち宰相ラシード・ウッディーンの保護を受け,1312年ウルジャーイトゥーより,ワッサーフ・アルハズラト Wassāf al-Ḥaḍrat (宮廷の賛辞者) の号を与えられた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ワッサーフ【Wassāf】

イラン14世紀の宮廷詩人,歴史家。ペルシア語ではバッサーフVassāfとよばれる。生没年不詳。モンゴル帝国第4代ハーンモンケの死(1258)からイル・ハーン国最後のハーン,アブーサイード(在位1316‐35)の治世に至るモンゴル帝国史《領土の分割と年月の推移》(通称《ワッサーフ史》)をペルシア語で著した。内容より文体を重んじ,表現はアラビア語語彙と詩文の引用を多量に含み,また対句と誇張に満ちていて,後世の歴史家に深い影響を与えた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ワッサーフの関連キーワードサナーイーダキーキーペルシア美術ペルシア文学ルーダキー歴史家戦乱のペルシダーイーラジ・ミールザーチャンドロンゴワルシト