コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワッサーフ Wassāf, Sharaf al-Dīn `Abd Allāh Shīrāzī

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ワッサーフ
Wassāf, Sharaf al-Dīn `Abd Allāh Shīrāzī

[生]1264. シーラーズ
[没]1334
イランの歴史家。生地で学業を修めたのち,徴税官としてイル・ハン国に仕えた。のち宰相ラシード・ウッディーンの保護を受け,1312年ウルジャーイトゥーより,ワッサーフ・アルハズラト Wassāf al-Ḥaḍrat (宮廷の賛辞者) の号を与えられた。その著『国土の分割と時代の変遷』 Tajziyat al-Amsār wa Tazjiyat al-A`sār,通称『ワッサーフの歴史』 Ta'rīkh-i Wassāfは,1258~1323年のイル・ハン国の歴史を記した史書で,アラビア語を豊富に織込んだその華麗な文体は,のちの歴史家に多大の影響を及ぼしたが,史料としてもきわめて価値の高いものである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ワッサーフ【Wassāf】

イラン14世紀の宮廷詩人,歴史家。ペルシア語ではバッサーフVassāfとよばれる。生没年不詳。モンゴル帝国第4代ハーン,モンケの死(1258)からイル・ハーン国最後のハーン,アブー・サイード(在位1316‐35)の治世に至るモンゴル帝国史《領土の分割と年月の推移》(通称《ワッサーフ史》)をペルシア語で著した。内容より文体を重んじ,表現はアラビア語語彙と詩文の引用を多量に含み,また対句と誇張に満ちていて,後世の歴史家に深い影響を与えた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ワッサーフの関連キーワード文永北条長時グロスター(伯)バロン戦争ミカエル8世ウルバヌス4世日蓮宗日秀(1)東福寺建武

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android