コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワーク・サンプリング ワーク・サンプリングwork sampling

2件 の用語解説(ワーク・サンプリングの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ワーク・サンプリング
ワーク・サンプリング
work sampling

人の活動や物の時間的な推移などの状況を統計学的に把握することで,スナップリーディング snap reading,レーシオ・ディレー・アナリシス ratio-delay analysisなどと呼ばれることもある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ワーク・サンプリング
わーくさんぷりんぐ
work sampling

作業者、機械、さらに設備に関する特定の状況を、ある時間間隔で観測・記録・整理を行い、その特性を統計的理論によって推計する方法をいう。おもな用途は、稼動分析の一手法として稼動率や操業度などの推計に利用される。また、標準時間設定のための手法として、管理余裕時間や正味作業時間の推計にも活用される。たとえば、稼動率の推計の場合、n回の観測中に稼動状態にある回数xは近似的に正規分布に従うことから、区間推定が可能となる。また逆に、区間の長さとしてnを求め、サンプリングの規模を設定することもできる。[玄 光男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ワーク・サンプリングの関連情報