ヴィースの巡礼教会(読み)ヴィースのじゅんれいきょうかい

世界遺産詳解の解説

ヴィースのじゅんれいきょうかい【ヴィースの巡礼教会】

1983年に登録された世界遺産(文化遺産)。ドイツのバイエルン州ミュンヘンの南西に位置する。18世紀の建造物で、外観は質素だがロココ様式の内装が傑出しており、フレスコ画家ヨハン・バプティスト・ツィンマーマンが描いた「天から降ってきた宝物」と呼ばれる天井画や祭壇が美しい。ドイツ・ロココ様式の第一人者として知られる建築家ドミニクス・ツィンマーマン(ヨハンの弟)が設計した教会建築の傑作であることが評価され、世界遺産に登録された。◇英名はPilgrimage Church of Wies

出典 講談社世界遺産詳解について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

翔んで埼玉

魔夜峰央(まやみねお)によるギャグマンガ、及び、それを基にした映画作品。埼玉県民が東京都民に虐げられる架空の日本を舞台に、埼玉県解放を目指す人々の愛と戦いを描く。「花とゆめ」(白泉社)の1982年冬の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android