コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

回す/廻す マワス

デジタル大辞泉の解説

まわ・す〔まはす〕【回す/×廻す】

[動サ五(四)]
軸を中心にして、円を描くように動かす。回転させる。「腕を―・す」「プロペラを―・す」
周囲を取り巻くようにする。めぐらす。「敷地に柵を―・す」
順に送り渡す。「杯を―・す」「通知を―・す」
人や物を必要とする場所へ移す。「総務から営業へ人員を―・す」「出先に車を―・す」「預金の一部を学費に―・す」
その立場に置く。「敵に―・す」
配慮などを行き渡らせる。「気を―・す」「手を―・す」
利益を得るように金銭を運用する。「高利で―・す」

㋐自分の意のままに人を使う。
「あの女に―・さるる女郎いとしや」〈浮・好色盛衰記〉
㋑遊里で、客が遊女や幇間(ほうかん)を思うままに従わせる。
「太鼓持ちは、ある知恵を隠して、我より鈍い客に―・さるるがよし」〈浮・禁短気・三〉
動詞の連用形に付いて、全体に…する、あちこち…する、また、さんざん…する、の意を表す。「いじくり―・す」「追っかけ―・す」「引っ張り―・す」
[可能]まわせる
[下接句]金を回す切っ刃を回す気を回す手を回す向こうに回す目を回す・悪気(わるぎ)を回す

もとお・す〔もとほす〕【回す/×廻す】

[動サ四]めぐらす。まわす。
「火をもちて其の野を―・し焼きき」〈・上〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

回す/廻すの関連キーワード引き木・引木・挽き木イグニッションキー付け回し・付回しTORXレンチ突っ突き回すぎょろぎょろ衝動タービンメクボール本荘こけし思い巡らすガシャポン見様見真似ぶん回す使い回し無精独楽独楽回し回し蹴り衝動水車ぐるっと引っ張り

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android