一度に(読み)イチドニ

デジタル大辞泉の解説

いちど‐に【一度に】

[副]物事が同時に行われるさま。いちじに。いちどきに。「一度に入れるのは無理だ」「一度に花が咲く」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いちどに【一度に】

( 副 )
複数の物事が同時に起こるさま。また、まとめて一回で行うさま。一斉に。いっぺんに。 「盆と正月が-来た忙しさだ」 「 -運ぶ」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

いちど‐に【一度に】

〘副〙 同時に物事が集中するさまや、いっせいに同じ行為をするさまにいう。同時に。いちじに。いちどきに。
※宇津保(970‐999頃)沖つ白浪「御つかいの君達いちどにかへり給へり」
※黄表紙・莫切自根金生木(1785)中「買い置ゐたる米一度(ド)に値があがって」

ひとたび‐に【一度に】

〘副〙 同時に物事が集中するさまや、いっせいに同じ行為をするさまを表わす語。いっしょに。いちどに。
多武峰少将物語(10C中)「あまにもここにもとなむおもひ給ふる。ひとたびになり給へ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

一度にの関連情報