コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一気に イッキニ

デジタル大辞泉の解説

いっき‐に【一気に】

[副]
途中で休まずに物事をするさま。いっぺんに。「一気に駆け抜ける」
《近世上方語》すぐに。じきに。
「乗るなら早う乗らんせ、―出すさかひ」〈滑・膝栗毛・六〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いっきに【一気に】

( 副 )
途中で休まず、勢いにのって最後まで行うさま。ひといきに。 「 -読み終える」
変化のようすが急激なさま。勢いよく急に。 「ミスを犯して-評価を下げた」
〔近世上方語〕 すぐに。間もなく。 「乗るなら早う乗らんせ。-出すさかひ/滑稽本・膝栗毛 6

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

一気にの関連キーワードボーゾー・フィルターテーブルクロス引きゲームチェンジャースパイロメーター巻を措く能わず柳眉を逆立てるどんでん返し勝ちに乗ずる息もつかせずちょっきり急ブレーキラチェット駆抜けるスナッチ押っ放す鉄砲流しすぽっと突入電流箱型潜水猩猩飲み

一気にの関連情報