一気呵成(読み)いっきかせい

四字熟語を知る辞典「一気呵成」の解説

一気呵成

ひといきにや文章を作り上げること。また大急ぎでものごとを成し遂げること。

[活用] ―に・―の。

[使用例] その爪懸かりのいい幹へ一気呵成に馳け上がる[夏目漱石*吾輩は猫である|1905~06]

[使用例] S社の重役から依頼を受けた歌舞伎台本だけは、にわかに執筆の感興をおぼえ、その晩、アパートに帰っていって、恵子に徹夜で筆記させながら、一気呵成につくりあげてしまったものだ[檀一雄*火宅の人|1975]

[解説] 「一気」はひといき、一呼吸。「呵」はを吐くこと。

出典 四字熟語を知る辞典四字熟語を知る辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典「一気呵成」の解説

いっき‐かせい【一気呵成】

〘名〙 (「呵」は息を吐く意。「の」「に」を伴って、修飾語として用いることが多い) ひといきに詩や文章を作り上げること。また大急ぎでものごとを成し遂げること。
※蛻巖先生答問書(1751‐64か)下「絶句は兎角起承転合を合点して、一気呵成に参り候事肝要に候」
※蕪村と几董(1898)〈正岡子規〉「蕪村は一気呵成の句に乏しからず」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「一気呵成」の解説

いっき‐かせい【一気×呵成】

《「呵」は息を吹きかける意》ひといきに文章を書き上げること。また、ひといきに物事を成し遂げること。「脚本一気呵成に書き上げる」「一気呵成に改革をやり遂げる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android