一時に(読み)イチジニ

デジタル大辞泉の解説

いちじ‐に【一時に】

[副]同時に物事が集中して起こるさま。また、短時間に集中して行うさま。一度に。いちどきに。「全山が一時に色づいた」「たまった仕事を一時にかたづける」

いちどき‐に【一時に】

[副]一度に。いっしょに。「客が一時に押しかける」「一時に疲れが出る」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いちじに【一時に】

( 副 )
ある時期に集中して起こるさま。短期間に事が行われるさま。 「梅も桜も-開く」 「疑念が-晴れた」

いちどきに【一時に】

( 副 )
いっときに」に同じ。

いっときに【一時に】

( 副 )
複数の物事が同時に起こるさま。またまとめて一回で行うさま。一度に。いちどきに。 「大勢が狭い入り口に-殺到する」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

一時にの関連情報