コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一時に イチジニ

デジタル大辞泉の解説

いちじ‐に【一時に】

[副]同時に物事が集中して起こるさま。また、短時間に集中して行うさま。一度に。いちどきに。「全山が一時に色づいた」「たまった仕事を一時にかたづける」

いちどき‐に【一時に】

[副]一度に。いっしょに。「客が一時に押しかける」「一時に疲れが出る」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いちじに【一時に】

( 副 )
ある時期に集中して起こるさま。短期間に事が行われるさま。 「梅も桜も-開く」 「疑念が-晴れた」

いちどきに【一時に】

( 副 )
いっときに」に同じ。

いっときに【一時に】

( 副 )
複数の物事が同時に起こるさま。またまとめて一回で行うさま。一度に。いちどきに。 「大勢が狭い入り口に-殺到する」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

一時にの関連キーワード爪で拾って箕で零す知恵は小出しにせよフラッシュオーバー売り立て・売立て市内特別郵便物超高速度輪転機鳴りはためく一時払保険料雪崩を打つ湯腹も一時資金保険一時払い臨時所得がっぽり一升買い集団検診雲合霧集煽り買い濃厚感染退職所得

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

一時にの関連情報