コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一念往生 イチネンオウジョウ

2件 の用語解説(一念往生の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

いちねん‐おうじょう〔‐ワウジヤウ〕【一念往生】

臨終のときに一度だけ阿弥陀仏を念ずれば、極楽に往生するということ。
浄土真宗で、阿弥陀仏の名号を唱えていれば極楽に往生できるということ。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の一念往生の言及

【一念義・多念義】より

…一念義は法然の在世中から京都・北陸方面で信奉され,一念の信心決定(けつじよう)に重きを置き,多念の念仏行を軽視し,やがて否定した。一念往生を主張するあまり,破戒造悪をいとわない反社会的行為にはしるものも出て,専修念仏弾圧の一因となった。法然の教説には,一見すると一念義的な言葉を用いたものもあるが,多念の相続に重点を置いていた。…

※「一念往生」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone