コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一念往生 イチネンオウジョウ

デジタル大辞泉の解説

いちねん‐おうじょう〔‐ワウジヤウ〕【一念往生】

臨終のときに一度だけ阿弥陀仏を念ずれば、極楽に往生するということ。
浄土真宗で、阿弥陀仏の名号を唱えていれば極楽に往生できるということ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いちねんおうじょう【一念往生】

〘仏〙 一念によって極楽往生が定まること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の一念往生の言及

【一念義・多念義】より

…一念義は法然の在世中から京都・北陸方面で信奉され,一念の信心決定(けつじよう)に重きを置き,多念の念仏行を軽視し,やがて否定した。一念往生を主張するあまり,破戒造悪をいとわない反社会的行為にはしるものも出て,専修念仏弾圧の一因となった。法然の教説には,一見すると一念義的な言葉を用いたものもあるが,多念の相続に重点を置いていた。…

※「一念往生」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

一念往生の関連キーワード一念義・多念義極楽往生一念

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android