コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一念発起 イチネンホッキ

デジタル大辞泉の解説

いちねん‐ほっき【一念発起】

[名](スル)
あることを成し遂げようと決心する。「一念発起して芸道に励む」
仏語。一心に悟りを求める心を起こすこと。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

いちねんほっき【一念発起】

( 名 ) スル
心をいれかえて、ある事をなしとげようと決心すること。 「 -して研究に打ち込む」
〘仏〙 〔「一念発起菩提心」の略〕 ひたすら仏を信心する心を起こすこと。 「 -するとき、金剛の信心をたまはりぬれば/歎異抄」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

一念発起の関連キーワードハーマン(Bernard Herrmann)メイジー・ケイコ ヒロノ柳家 つばめ(3代目)ダイアン デュエインアダム ファウアージェームス レマーおもな四字熟語浜端ヨウヘイ発起菩提心上田実絵子久松静児池田和弘坂口安吾伊藤美裕春雨物語ゴッホ小野篁歎異抄桑山元芸道

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

一念発起の関連情報