コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一月寺 イチガツジ

デジタル大辞泉の解説

いちがつ‐じ〔イチグワツ‐〕【一月寺】

千葉県松戸市小金にあった普化(ふけ)宗金先(こんせん)派の本山。建長6年(1254)に来朝した宋の僧金先の開山と伝える。明治4年(1871)普化宗の廃止により廃寺となった。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

いちがつじ【一月寺】

千葉県松戸市小金町にあった寺。普化宗ふけしゆうの本山。鎌倉初期、宋の僧金先の開創。江戸時代、虚無僧こむそうがこの寺を中心に活躍したが、1871年(明治4)普化宗廃止の令によって廃絶。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

一月寺
いちがつじ

下総(しもうさ)国小金(こがね)(現千葉県松戸市)に開かれた普化(ふけ)宗金先(こんせん)派の本寺。1254年(建長6)来朝し、普化宗を広めた中国、宋(そう)の僧金先の創建とされるが、金先は遍歴中不明となり、いっしょに来朝した理正(りしょう)だけが住していた。江戸時代には浪人や零落者が住したが、1677年(延宝5)幕府の命により、大法を犯した追放人などの隠匿が禁止された。武蔵(むさし)新町(東京都青梅(おうめ)市)の鈴法寺(れいほうじ)とともに関東における虚無僧(こむそう)の触頭(ふれがしら)として知られたが、1871年(明治4)普化宗の廃止に伴い廃寺となった。[石上善應]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の一月寺の言及

【虚無僧】より

…その派徒から室町期に朗庵(風穴道者)と称する者がでて普化宗がさかえたといわれる。また宝伏の法を継いだ金先(下総小金,一月寺開祖)が尺八を法器とし薦僧のもととなったともいわれる。薦僧を虚無僧と表すようになったのは,世は虚仮で実体がないと観じ心を虚にするという考え方によるとか,また覚心の一系に虚無と称する者がでて服装や吹曲を整え形式を確立したことによるなど諸説がある。…

※「一月寺」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

一月寺の関連キーワード黒沢琴古(2代)千葉県松戸市小金黒沢琴古(初代)虚空鈴慕黒沢琴古吉田一調琴古流ふけ吹合

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android