コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

触頭 フレガシラ

デジタル大辞泉の解説

ふれ‐がしら【触頭】

室町時代、京都の町組で、上京13の町組を親町、その他を枝町とした、親町のこと。奉行の命令を枝町に伝達した。
江戸時代、寺社奉行の命令を配下寺院に伝達し、また、配下の寺院からの訴願を奉行に伝えるのを役とした寺。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

触頭【ふれがしら】

江戸時代の寺院統制機構の一。幕府および各藩の寺社奉行の下,本山および一般寺院の上申下達の仲介を行い,また一定の統制にあたった寺院をいい,僧侶身分を一元的に統制する性格をもつ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ふれがしら【触頭】

江戸時代の寺院統制機構の一つ。幕府および各藩の寺社奉行の下で,本山および一般寺院の上申下達の仲介を行い,また一定の統制にあたった寺院をいう。室町幕府の僧録司(僧録)がその起源。戦国期には各大名が有力寺院を僧(総)録とか録所の名で呼び,領内寺院の統制にあたらせた。宗派別に置かれた場合と全宗派を合して一寺とした場合があり,これは江戸時代の各藩ごとの触頭の場合にも同様にみられる。これとは別に,1635年(寛永12)に幕府が寺社奉行を設置すると,それとの対応関係上,各宗派は江戸に触頭寺院を置いた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ふれがしら【触頭】

室町時代、京都の町組のうち、上京一三町組を親町、他を枝町とした、親町のこと。奉行の命令を枝町に伝達した。地方の町では、一町ごとに三人を選んで、触流ふれながしという月行事を定めた。
江戸時代、寺院・神社のなかから選定され、寺社奉行から出る命令の伝達や、寺社から出る訴訟の取り次ぎにあたった神社・寺院。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

触頭の関連キーワード国泰寺(広島市)本山寺(岡山県)池上五郎右衛門平岡次郎右衛門津軽 承昭堀田 正倫晒(刑罰)本證寺城弾左衛門桜井政能潮岬会合津村別院一月寺東海寺松代藩法幢寺月行事弥勒寺泉岳寺永福寺

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

触頭の関連情報