触頭(読み)フレガシラ

百科事典マイペディアの解説

江戸時代の寺院統制機構の一。幕府および各寺社奉行の下,本山および一般寺院の上申下達の仲介を行い,また一定の統制にあたった寺院をいい,僧侶身分を一元的に統制する性格をもつ。室町幕府僧録司(そうろくし)(僧録)が起源。宗派別に置かれた場合と,全宗派を合わせて一寺とした場合がある。これとは別に,1635年幕府の寺社奉行設置に伴い,各宗派は江戸に触頭寺院を置き,それぞれ触頭とか録とよび,そのにあたった。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

江戸時代の寺院統制機構の一つ。幕府および各藩の寺社奉行の下で,本山および一般寺院の上申下達の仲介を行い,また一定の統制にあたった寺院をいう。室町幕府の僧録司(僧録)がその起源。戦国期には各大名が有力寺院を僧(総)録とか録所の名で呼び,領内寺院の統制にあたらせた。宗派別に置かれた場合と全宗派を合して一寺とした場合があり,これは江戸時代の各藩ごとの触頭の場合にも同様にみられる。これとは別に,1635年(寛永12)に幕府が寺社奉行を設置すると,それとの対応関係上,各宗派は江戸に触頭寺院を置いた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 室町時代、京都で奉行の命令を枝町に伝える、親町と呼ばれた一三の町組。
② 法度(はっと)・禁制、触書(ふれがき)を伝達する役目をおったもの。
※随筆・猿楽伝記(1736‐41頃か)下「金春方より松井喜左衛門を差出し両人触頭と定む」
③ 江戸時代、寺社奉行の命令を配下の寺院に伝達し、また配下の寺院の訴願を寺社奉行に取り次ぐ事を役職とした寺。また、寺社奉行との連絡をとり、統轄をつかさどった高位の僧侶。
※随筆・武野俗談(1757)二「真言宗の触頭(フレガシラ)たる彌勒寺へ急度被仰渡けり」
④ 江戸時代、商工業者の組合で、幕府の命令を組合員に伝え、組合員の願、届などを幕府に取り次いだもの。
⑤ 明治元年(一八六八)に政府の布告を神社に伝達することを命じられた特定の社家。
⑥ 太政官の布告書類を諸藩に伝達するのを任務とした藩。慶応四年(一八六八)四月一七日に触頭二四藩中三藩が月番で務めることになった。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android