一白水星(読み)いっぱくすいせい

精選版 日本国語大辞典の解説

いっぱく‐すいせい【一白水星】

〘名〙 占星術九星(きゅうせい)の一つ。北の方位、冬の季節を表わし、この星の支配する年に生まれた者は、外柔内剛、内向性などの性質があるという。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の一白水星の言及

【九星】より

…九宮ともいう。九星とは,一白水星,二黒土星,三碧木星,四緑木星,五黄土星,六白金星,七赤金星,八白土星,九紫火星をいい,これらの星が九宮を移動することによって生じる運勢の変化にもとづいて方角の吉凶などを占う。この文献的初出は漢代の《易緯乾鑿度(えきいけんさくど)》とその鄭玄(じようげん)の注で,そこには太一神(北極星の神格化)が八卦に配当された宮殿を順次めぐってゆくもようが記されている(太一九宮の法)(図)。…

※「一白水星」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

プレッパー

非常事態に備え、食糧や自衛のための武器・弾薬などを過度に備蓄している人のこと。「備える(prepare)」から生まれた言葉で、2012年現在では米国に最も多く存在し全米で300~400万人にのぼるとみ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android