コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中男 チュウナン

デジタル大辞泉の解説

ちゅう‐なん【中男】

2番目のむすこ。次男。
「一の衣をば、我が―なる汝が弟に与へよ」〈今昔・二〇・三三〉
養老令で、17歳以上20歳以下の男子。大宝令では少丁(しょうてい)という。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

中男【ちゅうなん】

令制下の年齢区分の一。17歳以上20歳以下の男子をいい,大宝令では少丁(しょうてい)といった(丁は課役負担者)。正丁(せいてい)の4分の1の調(ちょう)を課せられた。
→関連項目中男作物

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ちゅうなん【中男】

二番目の息子。次男。
養老令制で、一七歳以上、二〇歳以下の男子をいう。正丁せいていの四分の一の調・雑徭ぞうようが課せられていたが、のち郷土の産物を納める中男作物に改められた。大宝令では少丁しようていという。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中男
ちゅうなん

少丁」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中男
ちゅうなん

養老令(ようろうりょう)では17歳以上20歳以下の人を中と称し、男性は中男と称したらしい。757年(天平勝宝9)4月には改制されて18歳以上21歳以下の男性を中男と称することになった。なお、大宝(たいほう)令では、中を少丁(しょうてい)・少女(しょうじょ)と称している。養老令で中という呼称を用いたのは唐令をまねたからである。もっとも、大宝令施行期間である717年(養老1)から養老令編纂(へんさん)とも関連して中男の用法が始まっており、757年の養老令施行時期までは少丁と中男とが併用されている。養老令では中男は正丁の調(ちょう)の4分の1、庸(よう)は免除しなかった。また717年以後は調の副物が廃止されるに際して、中男への調も廃止して、かわりに中男を役して納めさせる中男作物(さくもつ)という税目が成立した。中男作物の実例は正倉院宝物中の芥子(けし)布袋の墨書や平城宮出土の租税の荷札などにみえる。一般的傾向としては個人の納税責任者名が記されておらず国郡名しか記されていない場合が多い。あるいは集団的労働の収取であったからであろうか。[鬼頭清明]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の中男の言及

【課丁】より

…律令では21歳から60歳までの男子を正丁とし,正丁に対して課役を賦課するのを賦役制度の基本とした。また61歳から65歳の男子を老丁,17歳から20歳までの男子を中男(大宝令では少丁)とし,老丁は残疾(21~60歳の軽度の身体障害者)とともに次丁とされ,正丁の課役の量の2分の1を課せられ,中男は正丁の4分の1を課せられた。したがって,正丁数に換算された課丁数を確保することが,律令国家の財政の基本となり,課丁数の増減は国司や郡司の勤務評定の重要なデータとされた。…

【中男作物】より

…律令時代の諸国からの貢納品の一種。律令では中男(17歳から20歳の男子,大宝令では少丁)に正丁(21歳から60歳の男子)の4分の1の調を課し,また正丁には調のほかに調副物として種々のものを納めさせていた。しかし717年(養老1)には,調副物を廃止するとともに中男の調も止め,その代りに,中央官庁が必要とする物品の必要量を概算して諸国に貢納を命じた。…

※「中男」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

中男の関連キーワードロシュフォール(Christiane Rochefort)ペルシアの市場にて正丁(せいてい)八卦(はっか)租庸調・雑徭サバ(鯖)熊本(県)一白水星対馬国壱岐国加賀国均田法租庸調能登国二番目口分田永業田鬼頭産物四分

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

中男の関連情報