コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一義 イチギ

デジタル大辞泉の解説

いち‐ぎ【一義】

一つの意味。「一語一義
根本の意義。第一義。「美を一義に置く主義」
一つの道理。一理。
「退いて愚案を加ふるに、―有りと存じ候」〈太平記・二四〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

いちぎ【一義】

一つの意味。 「一音-説」
最も根本的な意味。 「人生における第-」
一つの道理。一応もっともと思われる理屈。一理。 「退いて愚案を加ふるに、-有りと存じ候/太平記 24

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

一義の関連キーワード選択本願(せんちゃくほんがん)フォークト‐ラッセルの定理カーボンナノチューブさよならタマちゃん笑っていいとも!笑っていいとも恩賜賞受賞者タモリカップノマディズムスコツス学派松本 雅夫租税負担率2月18日ブラタモリ大井上輝前桃川 東燕ベクトル場雅語音声考金子 一平海難審判

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

一義の関連情報