コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

七つ星 ナナツボシ

デジタル大辞泉の解説

ななつ‐ぼし【七つ星】

北斗七星のこと。
紋所の名。白抜きの丸一つを中心に、周りに同じ白抜きの丸六つを並べたもの。
マイワシの別名。体側に斑点が並ぶところからいう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ななつぼし【七つ星】

北斗七星のこと。
家紋の一。七曜しちようを図案化したもの。北斗星。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

七つ星
ななつぼし

北斗七星」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の七つ星の言及

【星】より

…天明年間の《雑字類編》にも〈熒惑(なつひぼし)〉とあるが,しかしこの和名は民間では行われなかった。 七つ星北斗七星の和名。古い歌集には〈七つの星〉として,〈北にすむ七つの星ぞくるとあくと,めかれず君を猶守るなる〉(宗良親王,寄星祝)などと歌われ,江戸の《類聚名物考》にも〈北斗星ななつのほし〉とある。…

※「七つ星」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

七つ星の関連キーワードウィリアム ハイネセンわたり むつこすばる(昴)サフェク白抜き北斗星東玉助紋所黒子家紋

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

七つ星の関連情報