七小町(読み)ななこまち

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

七小町
ななこまち

地歌・箏曲の曲名。京風手事物光崎検校作曲。八重崎検校箏手付。作詞は船坂三 (光) 枝。小野小町を扱った7つの伝説 (草紙洗小町通小町雨乞小町関寺小町卒都婆小町清水小町鸚鵡小町) を順に綴る。構成は,前歌-手事 (マクラ・手事・チラシ) -後歌。マクラはツナギともいう。三弦は本調子から二上りを経て高三下り。箏は半雲井調子から平調子になり中空調子で終る。山田流でも演奏するが,派によって手が異なる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ななこまち【七小町】

小野小町伝説に取材した七つの謡曲。「草子洗小町」「通かよい小町」「卒都婆そとば小町」「関寺小町」「鸚鵡小町」「雨乞小町」「清水小町」の七曲で、江戸時代、よく歌舞伎の題材、浮世絵の画題などになった。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

なな‐こまち【七小町】

[一] 小野小町の伝説に取材した七つの謡曲の総称。草子洗小町・通小町・卒都婆小町・関寺小町・鸚鵡小町・山本小町(または雨乞小町)・清水小町をさす。歌舞伎などにも「七小町」の所作がある。また、それらに見られるような運命の意にも用いる。
※俳諧・富士石(1679)三「七夕に手向の星や七小町〈調残〉」
[二] 地歌。箏曲。天保年間(一八三〇‐四四)京都の光崎検校作曲。箏手付は八重崎検校。船坂三枝作詞。謡曲の七小町を簡潔につづり合わせたもの。長い間奏を持つ手事物(てごともの)の名曲。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典の解説

七小町
ななこまち

歌舞伎・浄瑠璃の外題。
初演
正徳1.秋(大坂・嵐座)

七小町
(通称)
ななこまち

歌舞伎・浄瑠璃の外題。
元の外題
けいせい七小町 など
初演
享保7.秋(京・八重桐座)

出典 日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典について 情報

世界大百科事典内の七小町の言及

【小野小町】より

…また《関寺小町》は,関寺の僧が寺の近くに住む老残の小町から歌の道を聞くという物語であり,《鸚鵡小町》も,新大納言行家が関寺近くに老いた小町を訪ねるという筋になっている。この5曲に《雨乞小町》《清水小町》を加えて七小町といい,江戸時代には七小町が歌舞伎の題材,浮世絵の画題などにしばしばとりあげられた。そのほかでは御伽草子の《小町草紙》が,業平と小町を観音の化身とし,歌道と仏道を結びつけて中世の小町伝説を集成している。…

※「七小町」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

正義マン

倫理上問題がある行為などに対して過剰に反応し、正義感を振りかざして騒ぐ人を指すインターネットスラング。2019年10月の消費税増税と軽減税率制度の実施に伴って「イートイン脱税」が発生した際、これを店員...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

七小町の関連情報