コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

七類海岸 しちるいかいがん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

七類海岸
しちるいかいがん

島根県北東部,松江市日本海に臨む島根半島東端部の海岸。美保ノ北浦ともいう。小湾の多いリアス海岸と海食崖の景観美によって知られ,一帯は国指定の名勝に指定されている。大山隠岐国立公園に属する。七類港は天然の良港で,沿海漁業の基地。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

七類海岸
しちるいかいがん

島根県北東部、日本海に臨む島根半島北岸のリアス式海岸。松江市美保関(みほのせき)町に属す。沈降海岸と海食崖(がい)の景観をみせ、大山隠岐(だいせんおき)国立公園の一部となっている。北西の季節風を避ける天然の良港、七類港があり、隠岐航路の定期フェリー船が発着している。松江市街地から七類港まで国道485号が延びているが、この国道485号は海を越えて隠岐諸島まで続いている。[飯田 光]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

七類海岸の関連キーワード飯田

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android