コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊勢暦 いせごよみ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

伊勢暦
いせごよみ

伊勢で刊行された戦国時代の頃から伊勢の御師 (おし) が,伊勢詣のみやげとして大麻 (神符) とともに諸国の人々に配ったもので,江戸時代には伊勢神宮祭主藤波家が朝廷に奏達して土御門家の暦の写本を申受け,それを伊勢の暦師に刊行させた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

いせ‐ごよみ【×勢暦】

近世、土御門家の暦の写本をもとに、伊勢国宇治などの暦師が版行した暦。伊勢神宮御師(おし)お札(ふだ)に添えて全国に配った。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

伊勢暦【いせごよみ】

江戸時代伊勢神宮御師(おし)が,その代官を使いとして毎年行った檀那回りに,御札(御祓大麻(おはらいたいま))に添えて全国に配った暦。江戸時代の代表的な暦であった。
→関連項目暦注

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いせごよみ【伊勢暦】

伊勢の宇治および山田から頒行されていた暦。伊勢神宮の御師が神宮のお札とともに持参するみやげ物としては暦がもっとも喜ばれ,初めは京暦(経師暦)や丹生(にう)暦が用いられていた。伊勢の御師たちが全国に配る暦は膨大で,やがて自然のなりゆきとして伊勢暦が生まれ(1632年(寛永9)より),ついには江戸時代の代表的暦に成長した。伊勢暦の起源は丹生暦で,その内容も特徴である折本という形式も丹生(三重県松阪市の西)に借りている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

いせごよみ【伊勢暦】

土御門つちみかど家の暦の写本によって、伊勢神宮で板行した暦。江戸時代、神宮の御師おしが、御祓箱おはらいばこに添えて全国に配布した。本暦。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

伊勢暦
いせごよみ

伊勢国(三重県)宇治および山田の暦師により版行され、伊勢神宮の御師(おし)(祈祷師(きとうし))によって、神宮の大麻(たいま)とともに全国各地へ土産(みやげ)として配られた暦。いわゆる賦暦(ふれき)であって売暦ではない。その起源は戦国乱世の時代、京都の経師(きょうし)暦を全国の利用者から依頼されて伊勢神宮の御師が届けていたことによる。経師暦の需要が増加するにつれて、御師の地元の山田に暦師が生まれ、伊勢暦が生まれるに至った。1632年(寛永9)の暦を森若太夫(たゆう)が出したのがその最初で、以後、暦師も増え、貞享(じょうきょう)改暦(1684)ごろにはその総数13人、18世紀初めには20人にも及んだ。暦の発行数も200万部に達したといわれる。なお、伊勢暦は1年を通して版が2枚からなる折(おり)暦である。[渡辺敏夫]
『渡辺敏夫著『日本の暦』(1976・雄山閣)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の伊勢暦の言及

【暦】より


[丹生(にう)暦]
 三重県の丹生というところの賀茂家から版行されていた暦で,16世紀の中ごろにはすでに発行されていたことは確実。のちに伊勢から頒布された伊勢暦におされて発行部数はわずかになってしまった。
[伊勢暦]
 伊勢の宇治および山田から版行され,それぞれ内宮暦,外宮暦とも呼ばれた。…

※「伊勢暦」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

伊勢暦の関連キーワード仮名暦具注暦本暦近世

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android