コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国際仲裁裁判所 コクサイチュウサイサイバンショ

4件 の用語解説(国際仲裁裁判所の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こくさい‐ちゅうさいさいばんしょ【国際仲裁裁判所】

国際的な仲裁裁判のための裁判所国際司法裁判所以外の国際裁判所はこれに属する。常設仲裁裁判所など。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

国際仲裁裁判所

複数の国にまたがる紛争を解決するために、当事者の間に入って仲裁する機関。主要各国にあるが、国際商業会議所(本部・パリ)の裁判所や、ロンドン国際仲裁裁判所が有名。仲裁人から最終的に示される「仲裁判断」には、訴訟の判決同様の拘束力がある。

(2011-11-19 朝日新聞 朝刊 2経済)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

大辞林 第三版の解説

こくさいちゅうさいさいばんしょ【国際仲裁裁判所】

国際紛争の解決のために特定の事件ごとに設けられる国際裁判所。裁判官の人選・適用する法規・裁判手続などは、紛争当事国の合意によって、事件ごとに決定される。 → コンプロミー

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

国際仲裁裁判所
こくさいちゅうさいさいばんしょ

複数の国にまたがるビジネス上の紛争を仲裁・解決(国際商事仲裁)する民間機関の総称。弁護士や法律学者などから選ばれた第三者の仲裁人が当事者間に入って調整し、最終的な裁定(仲裁判断)を示して解決する。訴訟よりも費用がかからず、迅速に解決できる利点があるとされる。企業間だけでなく、企業と政府間の紛争も仲裁する。最終的な裁定には訴訟の判決同様の拘束力があり、強制力をもつ。
 国際仲裁裁判所は実際には裁判所ではなく、裁判によらない紛争解決手続き(ADR:Alternative Dispute Resolution)を進める機関の一つであるが、国内の仲裁手続きを国家間では慣行上、仲裁裁判とよぶため、この名がある。国際仲裁裁判所の審理は非公開でビジネス上の秘密が守られ、最終的な裁定は一度しか出ないため裁判ほど係争期間が長期にわたることがない。このため、複数の国の間でビジネス上の契約を結ぶ場合、当事者双方とは関係のない第三国の国際仲裁裁判所を利用することや、仲裁人の数、使用言語などを事前に決めておき、紛争解決をその国際仲裁裁判所に委ねるケースが増えている。なお、各国際仲裁裁判所はそれぞれ独自の仲裁規則をもっており、紛争当事者はこの規則に沿って紛争解決手続きを進める。また、国際仲裁裁判所の仲裁規則とは別に、国際連合国際商取引委員会(UNCITRAL(アンシトラル):United Nations Committee on International Trade Law)の仲裁規則(UNCITRAL仲裁規則)のように、紛争当事者が適用を選択できる紛争規則もあり、国連規則に従って紛争解決手続きを進めることもある。
 国際仲裁裁判所に該当する機関は世界各国・地域にあり、パリに本部を置く国際商業会議所(ICC)の専門機関である国際仲裁裁判所(ICC International Court of Arbitration)のほか、ロンドン国際仲裁裁判所(London Court of International Arbitration)、アメリカ仲裁協会(The American Arbitration Association)、日本の国際商事仲裁協会(JCAA:The Japan Commercial Arbitration Association)などがよく知られている。
 日本企業が国際仲裁裁判所を利用したおもな事例には、1985年(昭和60)の富士通とアメリカIBM社のプログラム著作権をめぐる係争のほか、1997年(平成9)にスズキとインド政府が合弁会社のトップ人事で対立した事例、2011年(平成23)のスズキとフォルクスワーゲンの提携解消をめぐる争い、2013年の三菱重工業とアメリカの電力会社(カリフォルニア州)による原子力発電所の蒸気発生器をめぐる損害賠償争いなどがある。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

国際仲裁裁判所の関連情報