コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三つ面子守 みつめんこもり

世界大百科事典 第2版の解説

みつめんこもり【三つ面子守】

歌舞伎舞踊の曲名。常磐津。本名題《菊蝶東籬妓(はなにちようまがきのうかれめ)》。1829年(文政12)9月,江戸河原崎座初演。作詞津打治兵衛,作曲名見崎徳治。振付4世西川扇蔵。四変化物の一。初演は長唄富本掛合で大切(おおぎり)所作事として5世瀬川菊之丞が演じた。子守が赤子をあやすため,おかめ恵比須ひょっとこの三つの面をかわるがわるかぶって踊る軽妙な小品舞踊。それぞれ違った性格を踊り分けるのが見どころである。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三つ面子守
みつめんこもり

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の三つ面子守の言及

【子守】より

…越後出の子守がトンビに油揚をさらわれ,追いかけて出,人形を並べてのクドキ,座頭の振り,新潟おけさには綾竹の踊りなどがある。ほかに,子守が面を三つ使い分けて踊る常磐津の《三つ面子守》がある。【菊池 明】。…

※「三つ面子守」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

三つ面子守の関連キーワード歌舞伎舞踊

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android