コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三井高棟 みつい たかみね

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三井高棟 みつい-たかみね

1857-1948 明治-昭和時代前期の実業家。
安政4年1月14日生まれ。三井高福(たかよし)の8男。三井総領家10代。明治18年15代八郎右衛門を襲名。26年三井家同族会を設立,42年三井合名の発足で社長となり,理事長団琢磨(たくま)とともに三井財閥を統括した。昭和8年恐慌下の反財閥運動のなかで引退。昭和23年2月9日死去。92歳。京都出身。法名は宗恭。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

みついたかみね【三井高棟】

1857‐1948(安政4‐昭和23)
明治・大正・昭和3代にわたる三井財閥の総帥。高福(たかよし)の八男。京都生れ。1872年三井同族子弟のアメリカ留学に加わり,74年帰国,財閥形成期の三井経営陣に入った。85年総領家の家督を相続,第15代八郎右衛門を襲名し,井上馨らの指導下で家政近代化,事業を拡大した。93年最高統轄機関として三井家同族会を設立,1900年制定の三井家憲の下でその議長に就任。1896年三菱の岩崎弥之助と並び三井家初の男爵に叙された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

三井高棟の関連キーワード三井 八郎右衛門(16代目)三井 八郎右衛門(15代目)三井高公三井高保永楽妙全三井礼子三井宗恭実業家

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android