コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松元 まつもと

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

松元
まつもと

鹿児島県中部,鹿児島市西部の旧町域。薩摩半島中北部に位置する。 1960年伊集院村が松元村と改称して町制。 2004年鹿児島市に編入シラス台地が広く,野菜,米,チャ (茶) などの栽培が行なわれる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

松元
まつもと

鹿児島県日置(ひおき)郡にあった旧町名(松元町(ちょう))。現在は鹿児島市の西部を占める一地区。1960年(昭和35)上伊集院(かみいじゅういん)村が町制を施行、旧役場所在地名から松元町と改称した。2004年(平成16)鹿児島市に編入。旧町域は、薩摩(さつま)半島中央部のシラス台地とその侵食谷からなり、JR鹿児島本線が通じ、南九州自動車道の松元インターチェンジがある。長く用水に悩み、近世以降、天水利用の畑地開発が進んだ。茶栽培が盛んで畑地の70%余りを茶園が占め、良質の手もみ茶を産することで知られる。鹿児島市の中心市街に近いためベッドタウン化も著しい。[白石太良]
『『松元町郷土誌』(1986・松元町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

松元の関連キーワードシェリング(Friedrich Wilhelm Joseph Schelling)パパイヤ鈴木とおやじダンサーズ川田小一郎(かわたこいちろう)宇宙ショーへようこそ仮面ライダー電王鹿児島県鹿児島市シーメンス事件鹿児島(市)ビッグタスクシラス台地平林 彪吾暴利取締令松元信太朗加藤時次郎松元ドカン岩崎弥之助松元真一郎松元絵里花高見弥一松元義和

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

松元の関連情報