三人の女(読み)サンニンノオンナ

デジタル大辞泉の解説

さんにんのおんな〔サンニンのをんな〕【三人の女】

《原題Three Livesスタインの短編小説集。1909年刊。19世紀後半、米国東部の都市ボルチモアを舞台に、下級階層に属する3人の女性の人生を描く。「お人好しのアンナ」「メランクタ」「やさしいレナ」の三つの物語からなる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三人の女
さんにんのおんな
Three Lives

アメリカの女流作家ガートルード・スタインの初期の短編集。1909年刊。フロベールの短編集『三つの物語』と画家セザンヌの「婦人像」から暗示され、実験的手法で書かれた3人の女の物語。第1話は、お人好しのドイツ女アンナがアメリカ南部に渡って、さまざまな主人に仕える話。第2話は、混血の黒人娘メランクタが、結婚相手の混血の夫や黒人の婚約者にむごく扱われ、肺病で死ぬ話。第3話は、やさしくて気だてのいいドイツ女レナがアメリカ南部で女中となり、愚かなドイツ人の仕立屋と結婚し、出産で死ぬ話。いずれも伝統的な筋立てや説明的叙述を排して、女性の意識と感情の起伏を具体的に記述している。[新倉俊一]
『富岡多恵子訳『三人の女』(1969・筑摩書房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三人の女の関連情報