コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三原田遺跡 みはらだいせき

世界大百科事典 第2版の解説

みはらだいせき【三原田遺跡】

群馬県勢多郡赤城村三原田に所在する,縄文時代中期後半を主体とする大集落遺跡。県営三原田団地の建設のために,群馬県企業局により1971年から73年にかけて発掘調査され,調査終了後に破壊された。遺跡は赤城山西麓の丘陵性台地の末端で,上越線渋川駅の北東1.6kmにある。榛名山二ッ岳軽石層および灰層に厚く覆われていたために,当初はそれほど大規模な遺跡とは考えられていなかった。調査の結果,直径130mの環状の範囲に,住居跡341,墓壙・貯蔵穴等1400からなる集落が明らかにされたが,一部未調査区があるのでさらに大規模であったろう。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報