コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三原田遺跡 みはらだいせき

1件 の用語解説(三原田遺跡の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

みはらだいせき【三原田遺跡】

群馬県勢多郡赤城村三原田に所在する,縄文時代中期後半を主体とする大集落遺跡。県営三原田団地の建設のために,群馬県企業局により1971年から73年にかけて発掘調査され,調査終了後に破壊された。遺跡は赤城山西麓の丘陵性台地の末端で,上越線渋川駅の北東1.6kmにある。榛名山二ッ岳軽石層および灰層に厚く覆われていたために,当初はそれほど大規模な遺跡とは考えられていなかった。調査の結果,直径130mの環状の範囲に,住居跡341,墓壙・貯蔵穴等1400からなる集落が明らかにされたが,一部未調査区があるのでさらに大規模であったろう。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

三原田遺跡の関連キーワード赤城赤城山県勢渋川赤城の恵群馬泉ドイツ村関根宜明善康長角田喜右作

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone